お答えします ブログ

朝がツラい方、もしかしたら自律神経の乱れかも!?早寝早起きがもたらすメリットとその方法

広島市中区八丁堀から徒歩5分にあるスリーグランツ広島店がお届けする美肌ブログ♡

朝がツライ・・・という方いませんか?

先日、お客様からこんなお話を聞きました。

「私、昔から朝が弱いんですけど…、最近本当に本当に朝がキツくて起きられないんですよ。

結構真剣に悩んでて、朝がもうコワいんですよね。。。どうやったら朝型人間になれるんでしょうか!?!?

 

そのお客様は、いわゆるデスクワークをされている30代の女性の方で、

メインはボディコースを受けられています。ダイエット、リラックス、リフレッシュが目的です。

お客様曰く、朝は一分一秒でも長く寝ていたいタイプで、起きてから家を出るまで20分程度、当然朝ごはんは食べません。

起きてすぐ、洗顔、コンタクト、歯磨きを済ませ、簡単にメイクをしたら、着替えをしダッシュで駅へ。

お一人暮らしの方ですが、学生時代からこの習慣はほとんど変わっておらず、朝ごはん抜きも実家にいた頃からだそうです。

それが、だんだん起きるのが苦痛になってきて、二度寝との戦い。

いつも起きていた時間にも起きれなくなり、毎日ノーメイク出勤当たり前。このままではいつかとんでもない遅刻をしてしまいそう( ノД`)、毎日ハラハラして朝がストレスに…今では朝を迎えるのがコワくなってしまいました…。

正直このお話を聞いた時、20代の私のようだと思い出しました。

私の場合は、出産を機に早寝早起きに(以前に比べると)なったわけですが、私は、基本、夜型です。

朝が苦手だからこそ、夜出来ることはしておきたいタイプ(笑)。そしてその当時、朝がほんとキツくてキツくて、朝を迎えるのがストレスというか…、朝がコワいというのもすごくわかります。私の場合は、疲れすぎてると眠れなくなり、寝たほうが疲れてしまうんです。

そのお客様が真剣に悩まれていたというのと、私も以前はそうだったということもあり、

「朝がツラい」と悩みをお持ちの方は実は多いのではないか?

思い、今回のブログで『早寝早起き』をテーマにしてみました。

早寝早起きをすると実は、健康と美容に良いばかりではなく、精神的にも安定し、一日の効率もアップするというメリットがあります。

同じような悩みをお持ちの方には、とても役立つと思いますので、ぜひ読んで頂けたらと思います。

84dc5f4c21da0cc0253f68e9bfb65a12131945e2

実は「早寝早起き」は体にこんなにいいんです!

昔から、「早寝早起き病知らず」とか「早起きは三文の得」とか「寝る子は育つ」と早寝早起きをすることは、良いこととされてきました。

なぜでしょうか?

これは、成長ホルモンの分泌が関係しています。

人は眠っている時に2種類の眠りを体験します。

ひとつは深い眠り、もうひとつは浅い眠りです。「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という言葉は聞いたことがある方もこの2種類を繰り返しながら睡眠をとっています。

成長ホルモンはこの2種類の睡眠の変わり目が多いほどたくさんの成長ホルモンが分泌されると考えられています。

早寝をするとこの変わり目をたくさん経験することができますので成長ホルモンをたくさん分泌させることができ、健康に効果的なのです。

では早寝をして成長ホルモンが分泌されると、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

筋肉量の増加…成長ホルモンは筋肉量を増やす働きがあります。筋肉がある程度ないと疲れやすく、太りやすい身体になります。

身長が伸びる…成長ホルモンは身長に大きな影響を与えます。それは、たんぱく質を作ったり、エネルギーを代謝したり、免疫にもかかわります。体を健康的にするということにつながります。

美肌効果…成長ホルモンがたくさん分泌されると、肌の新陳代謝を高め、潤いを保つのに役立ちます。成長ホルモンは年齢を重ねると分泌量が減っていきますので、年を重ねると肌の潤いが失われてしまうのです。

内臓機能を上げる…内臓は夜10時から翌朝7時くらいまで活動を休むようにできていると考えられています。早寝をすると内臓をしっかり休ませることができますので、ダイエットにも効果的です。

早寝早起きをすると、以上のように成長ホルモンの分泌が促され、良い健康状態を保ちます。

また、ダイエットや美肌作りにも効果的であるということが分かりました。冒頭のお客様もこの生活習慣を変えれば、もっとダイエット効果はアップするでしょう。

しかし、早寝早起きのメリットはわかったところで、朝起きれない!だから悩んでるんだ!という方のために、早起きの方法をいくつかあげてみたいと思います!

43fc6d48ae1374bdcb6eb3dc57d5f9a84e70a872

早寝早起きする方法!!!

①目覚ましをたくさんセットする

②カーテンを開けて寝る

③日光を浴びる

④寝る前に食べない、晩御飯を食べ過ぎない

⑤お風呂に入ってから寝る

⑥夜パソコンやスマホをだらだら見ない

⑦部屋の電気を真っ暗にする

⑧マッサージをする

⑨軽いストレッチをする

⑩飲みに行くのをやめる、晩酌をしない

⑪夜カフェイン系の飲み物を飲まない

他にも方法はあると思いますが、これらはすべて私が20代当時に実践しており、確実に効果があったものです。

もちろんすべてを毎日やっていたかというとそんなことはありません。

でも、どんな日でもカーテン、日光、部屋を真っ暗は必ずでした。あと、夜の食べ過ぎ、アルコールは絶対に起きられません。私の場合は寝ても寝ても内臓が休まっておらず、寝ると疲れるような感じになりました。それもそのはず、自律神経の副交感神経がうまく働かないので、朝交感神経に切り替わらないのです。

朝シャワーに入った方が目が覚める、という方がいますが、私の場合は夜、湯船派でした。その方が疲れが取れるので結果的に朝の目覚めがスムーズなのです。

あと時間と気持ちに余裕があるときには、マッサージとストレッチをやるようにしていました。

夜寝れない、朝起きれないという方は、自律神経のバランスが乱れてしまっている方が多いです。

自律神経の緊張状態をゆるめるには、体を温めたり、マッサージをするのが即効性がありとても効果的です。

とくに、「首」と「背中」です!

これはこの部位に自律神経が集中しているという、理由があってのことですが、わたしの経験上でもおすすめします。

首は自分でも手が届きますが、背中を自分でマッサージするのは難しいですよね?なので背中はストレッチにしていました。

お客様とお話ししていても、首と背中をしっかりお手入れさせて頂いた翌日、朝スッキリ目覚めることができた!身体が楽だったという声をよくききます。眠れない、起きられない、疲れがたまりすぎてるという方には是非試して頂きたいです。

早起きする方法の中には、今晩から始められるものもありますが、人によっては習慣化するまで効果を感じないという事もあるかもしれません。早寝早起きができないと本気で悩んでいる方の方が、自律神経の張りが強いと考えられますので、そんな方は、プロのマッサージを受けることもおすすめいたします。

なぜなら、原因として、自律神経が乱れにより、眠りが浅くなっている可能性が考えられると思います。自律神経が乱れる原因としては、ストレスや不規則な生活、疲れ、季節の変わり目の急激な気温の変化などがあります。

今はちょうど季節の変わり目。

体調が崩れやすかったり、自律神経が乱れやすくもあります。

自律神経が乱れると、寝つきが悪くなったり、寝ている途中で目が覚める(中途覚醒)、十分に睡眠時間をとっているつもりでも、眠りが浅くなっているために結果として睡眠不足になり、翌日に目覚め辛かったり、日中に眠気や倦怠感まどが起こることがあります。

このようなことはありませんか?

当店では、ご希望の部位と箇所、時間に合わせてお手入れに入らせていた頂いております。

早起きしたいという方、自律神経のバランスを整える背中や首のケアをお手伝いさせて頂けませんか?

ストレスのない朝を迎えられますように、あなたの心と体を癒します。

 

セレクトボディ(背中・脚・ヒップ・お腹・デコルテ)

1パーツ…5000円(税抜き)

2パーツ…8000円

 

お問い合わせ

スリーグランツ広島店   082-255-7642

サロンスマホ   080-4553-1993(LINEでのお問い合わせの大歓迎です)

151117breath-thumb-640xauto-122778

 

[template id=”1159″]

 

 

 

 

関連する記事
よくある質問 脱毛編 「デリケートゾーンの毛は意味があって生えているんでしょう?脱毛して大丈夫?」広島店

広島市中区八丁堀から徒歩5分にあるスリーグランツ広島店がお届…

2016年10月5日
お答えします
涼しくなってきたのに、何だかだるい、疲れる、食欲がない・・・それってもしかしたら「秋バテ」かも!!広島店

広島市中区八丁堀から徒歩5分にあるスリーグランツ広島店がお届…

2016年10月5日
お答えします
test

広島市中区八丁堀から徒歩5分にあるスリーグランツ広島店がお届…

2016年10月5日
お答えします
山口経済レポートに掲載してもらいました☆

広島市中区八丁堀から徒歩5分にあるスリーグランツ広島店がお届…

2016年10月5日
お答えします